「OneDrive」でネットに ファイルを保存する

Webサービスの多くは「オンラインストレージ」と連携する。Windows 8.1には標準で「OneDrlve」の機能が組み込まれており、スマートフォンなどからも利用できる。

ストアアプリの「OneDrive」を開く

図1 ストアアフリ の「OneDrive」を開 き、ファイルを選択 してアフリパーを表 示させた。左側にフ ォルダーが並び、右 隣にファイルが並ぶ

図1 ストアアフリの「OneDrive」を開き、ファイルを選択してアフリパーを表示させた。左側にフ
ォルダーが並び、右隣にファイルが並ぶ

OneDriveアブリはパソコン内の表示に切り替えられる

図2「OneDrive」の文字部分を 押して「PC」を選ぶと(上)、パソ コン内のファイルやフォルダーの 表示に切り替わる(右)図2「OneDrive」の文字部分を 押して「PC」を選ぶと(上)、パソ コン内のファイルやフォルダーの 表示に切り替わる(右)

図2「OneDrive」の文字部分を押して「PC」を選ぶと(上)、パソ
コン内のファイルやフォルダーの表示に切り替わる(右)

図3 エクスプローラ ーの画面では左側に 「OneDrive」の項目が あり、OneDriveに保 存したファイルやフォ ルダーを利用できる

図3 エクスプローラーの画面では左側に「OneDrive」の項目があり、OneDriveに保
存したファイルやフォルダーを利用できる

「OneDrive」は、インターネット上に用意されたフォルダーやファイルの保存場所。「オンラインストレージ」と呼ばれるWebサービスの一つだ。 容量l5GBまでは無料。Windows 8.1には標準でOneDrivc用の機能が組み込まれているので、Microsoftアカウントでサインインしていれば利用することができる。

標準機能で利用できる
Windows 8.1では、スタート画面に表示されているOneDriveのストアアプリと、デスクトップのエクスプローラーの両方から操作できる。 OneDriveのストアアブリを開くと、画而の左側に青いタイルのフォルダーが並び、右隣にファイルが並ぶ(図1)。表示切り替えを押すと、それぞれ横長の短冊状になる。
フォルダーの作成やファイルの追加はアプリバーから行う。保存してあるファイルやフォルダーを選ぶとアブリバーが表示され、そこには「削除」「コピー」「切り収り」などのコマンドも並ぶ。
ストアアプリではOneDriveだけでなくパソコンに保存してあるフォルダーやファイルも表示できる。画面左上の「OneDrive」の文字部分を押して「PC」を選ぶと表示が切り替わる(図2)。
一方、デスクトップのエクスプローラーの場合は、画面左側のナビゲーションウィンドウに「OneDrive」の項目があり、そこからOneDriveに保存してあるファイルやフォルダ
ーを利用できる(図3)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です