オフライン用の設定も

「オンラインのみ」と「オフラインで利用可能」

図4 Windows 8.1のOneDriveで はファイルやフォルダーごとに「オン ラインのみ」か「オフラインで利用可能」 かを設定できる

図4 Windows 8.1のOneDriveではファイルやフォルダーごとに「オン
ラインのみ」か「オフラインで利用可能」かを設定できる

図5オフラインで利用可能な場合は、雲とパソコンを組み合 わせたアイコンが付く。ファイルやフォルダーを選択してア フリバーを表示させ、「オフラインで使う」または「オンライン てのみ使う」というボタンで切り替えられる

図5オフラインで利用可能な場合は、雲とパソコンを組み合わせたアイコンが付く。ファイルやフォルダーを選択してアフリバーを表示させ、「オフラインで使う」または「オンラインてのみ使う」というボタンで切り替えられる

図6 設定チャームのオプション画面では, OneDrive上の全てのファイルをオフラインで利用可能にしたり、オンラインのみにしたりできる

図6 設定チャームのオプション画面では, OneDrive上の全てのファイルをオフラインで利用可能にしたり、オンラインのみにしたりできる

図7 エクスプローラーでは「詳細」表示での「利用可能性」の列で状態を確認でき、右クリックメニューで切り替えられる

図7 エクスプローラーでは「詳細」表示での「利用可能性」の列で状態を確認でき、右クリックメニューで切り替えられる

「PC股定」の「OneDrive」で詳細に股定する

図8 「PC設定」ては、ドキュメントの既定の保存先としての指定やカメラ機能で撮影した写真の自動的なアップロート、Windowsの各種股定の保存などを設定できる図8 「PC設定」ては、ドキュメントの既定の保存先としての指定やカメラ機能で撮影した写真の自動的なアップロート、Windowsの各種股定の保存などを設定できる

図8 「PC設定」ては、ドキュメントの既定の保存先としての指定やカメラ機能で撮影した写真の自動的なアップロート、Windowsの各種股定の保存などを設定できる

Windows 8.1のOneDriveでは、ファイルやフォルダーごとに「オンラインのみ」か「オフラインで利用可能」のどちらかを設定できる。「オンラインのみ」の場合は、ファイルの実体がWeb上にのみ保存される。「オフラインで利用可能」を選ぶと、パソコン側にもWeb上に保存されているファイルと同じものが保存され、ネットにつなかっていなくても利用
できる(図4)。オフライン時に編集などの変更を加えたファイルは、オンライン時にWeb上と同期される。なお、オフラインで利用可能にしたファイルやフォルダーの場合、OneDriveアブリでは雲とパソコンを組み合わせたアコンが付く(図5)。
設定の切り替えは、ファイルやフォルダーを選択してアプリバーを表示させ、「オフラインで使う」または「オンラインでのみ使う」というボタ
ンを押すだけでよい。
また、OneDriveアブ’リの「設定」チャームから「オプション」を開くと、OncDrivc上の全てのファイルをオフラインで利用可能にしたり、オンラインのみにしたりできる(図6)。パソコンのストレージ容量に余裕がある場合は、全てをオフラインで利用可能にしておいた方が、ファイルを開く際に待たされることがなくなるので使い勝手が良い。
オフライン設定をエクスプローラーで確認するには、[表示]タブで[詳細]表示に切り替える。表示された「利用可能性」の列で状態が分かる(図フ)。変更は、右クリックメニューで行える。
「PC設定」にある「OneDrive」では各種の設定が可能だ(図8)。「ファイルの保存」でドキュメントの既定の保存先として指定したり、「カメラロール」でカメラ機能を使って撮影した写真の自動アップロードを設定したりできる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です