モバイルデバイスのセキュリティ設定を行う

モバイルデバイスのセキュリティ設定を行う

携帯電話やスマートフォン、タブレットPCなどのモバイルデバイスからExchange Onlineに接続する際に、使用するデバイスを検疫する方法、パスワードの入力を要求する方法について説明します。

モバイルデバイスを検疫する

ユーザーがデバイスをExchangeと同期するときに、デバイスを検査対象とすることを「検疫」と呼びます。検疫を設定すると、モバイルデバイスはExchangeサーバに接続できますが、データへのアクセスが制限されます。竹理者は検疫対象のモバイルを許可またはブロックします。

Exchange ActiveSyncアクセスの設定

モバイルデバイスを検疫するための設定を行います。

Exchange ActiveSyncアクセスの設定

モバイルデバイスを検疫する

モバイルデバイスを検疫するように設定した場合、Exchange Onlineに接続したユーザーのモバイル端末は検疫される必要があります。検疫通知のメールを受け取った管理者は、次の手順でモバイルデバイスを検疫します。

モバイルデバイスを検疫する

ユーザーのボイスメール設定

検疫されたデバイスの状態は、「受信者」画面の「メールボックス」タブで、モバイルデバイスの「詳細の表示」をクリックすると確認できます。(許可)、(ブロック)をクリックすることで、設定を変更することができます。(データのワイプ)をクリックして、リモートでデバイスのデータを削除して、工場出御寺に戻すこともできます。

ユーザーのボイスメール設定

既存の管理者役割グループをコピーして新しいグループを作成する

今後同じようなモバイルデバイスからのアクセスを許可/ブロックしたいような場合は、次の手順でデバイスアクセスルールを作成しておくと便利です。

既存の管理者役割グループをコピーして新しいグループを作成する 既存の管理者役割グループをコピーして新しいグループを作成する

 

モバイルデバイスからアクセスする際のパスワードを設定する

モバイルデバイスからExchangeのメールボックスにアクセスする際にパスワードを入力するようにする設定は、モバイルデバイスメールボックスポリシーで行います。
ここでは、新しくモバイルデバイスメールボックスポリシーを作成する手順について説明します。

モバイルデバイスからアクセスする際のパスワードを設定する モバイルデバイスからアクセスする際のパスワードを設定する

既存の管理者役割グループをコピーして新しいグループを作成する

特定のメールボックスに対して個別にモバイルデバイスメールボックスポリシーを割り当てることができます。「受信者」画面の「メールボックス」タブで、モバイルデバイスの「詳細の表示」をクリックし、「参照」ボタンをクリックしてポリシーを選択してください。

 

 

既存の管理者役割グループをコピーして新しいグループを作成する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です