windows10ローカルアカウントに関連付けを股定する

能だ。「PC 設定」で「アカウント」を選び、「お使いのアカウント」画面で「Microsoftアカウントに関連付ける」を押す(図10)。図2と同様の手順でMicrosoftアカウントでのサインインまたは新規作成が完了すると、「Microsoftアカウントに切り替える」
が表示されるので「mi)替え」ボタンを押す(図11)。
これで「PC設定」の画面に戻り、アカウント名などがMicros( ftアカウントのものに切り替わる(図12)。逆に、図12の画而で「関連付けを解除する」を選ぶと、新しくローカルアカウントを作成して、Microsoftアカウントを切り離す。
こういったアカウントの切り替えは、Wincdows 8.1での不具合解決に役立つ場合がある。まずは、新しいローカルアカウントを作成して不具合が再現するかを確認。再現しなければ、元のアカウントで関連付けを解除し、新しいローカルアカウント
にMien S( ftアカウントを関連付ければよい。ただし、パソコンに保存してあるファイル・やデスクトッブアブリの設定は引き継がれない。

図10「PC設定」で「アカウント」を選び、「お使いのアカウント」画面で「Microsoftアカウントに関連付ける」を押す 図11 サインインが完了すると。「Microsoftアカウントに切り替える」が表示されるので「切り替え」ボタンを押す

図10「PC設定」で「アカウント」を選び、「お使いのアカウント」画面で「Microsoftアカウントに関連付ける」を押す
図11 サインインが完了すると。「Microsoftアカウントに切り替える」が表示されるので「切り替え」ボタンを押す

図12 図10と同じ画面に戻った。アカウント名などはしばらくすると、Microsoftアカウントのものに切り替わる

図12 図10と同じ画面に戻った。アカウント名などはしばらくすると、Microsoftアカウントのものに切り替わる

2台目のパソコンと股定を同期できる

図13 新しいパソコンまたは別パソコンの追加アカウントで、使用中のパソコンと同じMicrosoftアカウントを指定できる。その場合、アカウントの確認後、使用中のパソコンと同じ設定にするかを選ぶ画面になる

図13 新しいパソコンまたは別パソコンの追加アカウントで、使用中のパソコンと同じMicrosoftアカウントを指定できる。その場合、アカウントの確認後、使用中のパソコンと同じ設定にするかを選ぶ画面になる

図14「PC設定」の「OneDrive」には「同期の設定:」画面があり、「バックアップの設定」が「オン」になっていると、上の項目で同期が「オフ」になっていても股定のバックアップが保存されている

図14「PC設定」の「OneDrive」には「同期の設定:」画面があり、「バックアップの設定」が「オン」になっていると、上の項目で同期が「オフ」になっていても股定のバックアップが保存されている

新パソコンと設定を共有

新しいパソコンの購入や別パソコンでアカウントを追加した際に、使用中のパソコンと同じMicrosoftアカウントを指定してもよい。この場合、アカウントの確認後に使用中の
パソコンと同じ設定にするか、新しいパソコンとしてセットアップするかを選ぶ画面になる(図13)。
[PC設定]の[OneDrive]にある目司期の設定」画面を開いてみよう。ここの「バックアップの設定」が「オ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です