類似画像を一網打尽

サイズ違いや類似画像を自動抽出

図8 長く使っていると、パソコンには似たよう な写真が増えてくる 図9 フリーソフトの「DupFileEliminator」を起 動して、画像の保存場所や検索方法を指定する

図8 長く使っていると、パソコンには似たような写真が増えてくる
図9 フリーソフトの「DupFileEliminator」を起動して、画像の保存場所や検索方法を指定する

図10 類似の写真があると「検索結果」欄に表示される(左)。削除対象を条件で絞って整理するなら、 「削除対象」の「自勁」で指定して「ファイル削除」の「削除」ボタンをクリックする(右)

図10 類似の写真があると「検索結果」欄に表示される(左)。削除対象を条件で絞って整理するなら、
「削除対象」の「自勁」で指定して「ファイル削除」の「削除」ボタンをクリックする(右)

ページングフアイルをCドライブからDドライブに移す

図11「コンピューター」の右クリックメニューで「プロパティ」→「システムの畔細股定」→「パフォ ーマンス」欄の「投定」→「詳細設定」タプの「変更」の順に選び、上図のように設定する

図11「コンピューター」の右クリックメニューで「プロパティ」→「システムの畔細股定」→「パフォ
ーマンス」欄の「投定」→「詳細設定」タプの「変更」の順に選び、上図のように設定する

 

類似画像を一網打尽
処分するのが意外と難しいのが、写真などの画像ファイルだ(図8)。どの写真を削除してよいか。1りずつ、目視で確認しなければならない。特に厄介なのが、構図違いやサイズ違いなどの類似画像。細かな違いに目を凝らしながら、チェックしていく必要がある。同-の画像が複数の場所に分散しているヶ-スもある。
こうした類似画像や覗複画像を素早く簡単に処分できるフリーソフトが[DupFileKliminator]だ(図9)。実行すると、指定したフォルダーやドライブから、類似両像や重複両像をまとめて検索する。類似画像かどうかは、色の分布や色相のほか、輝度などによって判定する。検索が終了したら、削除対象を選んで[削除lをクリックする。サイズや解m度、日付などの条件を指定して、条件が合致するファイルだけを残し、削除することも可能だ(図10)。
パソコンに内蔵するドライブが2台以上あり、Cドライブの空き容址が少ないなら、ヘーシンクファイルの引っ越しも検討しよう。ヘーシンクファイルは、Windowsの仮想記憶で使川する巨大なシステムファイル。不要ファイルではないが、Dドライブなどに移すと、パフォーマンスが向上することがある(図11)。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です