Microsoft windows 8.1アカウントでサインイン

現行の最新OSであるWindows 8.1は、それまでのWindowsとは違い、Webサービスとの連携が使いこなすためのカギとなる。このパートではWindows 8.1のWeb連携テクニックを解説する。まずは「Microsoftアカウント」の話から始めよう。

「ユーザーアカウント」から「Microsoftアカウント」へ

図I Windows 7までの「ユーザーアカウント」と「Microsoftアカウント」の違い。Windows 8以 降でも、「ローカルアカウント」と呼ぶユーザーアカウントと同様の設定はある

図I Windows 7までの「ユーザーアカウント」と「Microsoftアカウント」の違い。Windows 8以
降でも、「ローカルアカウント」と呼ぶユーザーアカウントと同様の設定はある

Windows 8.1でMicrosoftアカウントを作成

図2 Windows 8.1の使い始めには「Microsoftアカウントヘのサインイン」が表示される。下部の「新しいアカウントを作る」を押す

図2 Windows 8.1の使い始めには「Microsoftアカウントヘのサインイン」が表示される。下部の「新しいアカウントを作る」を押す
図3「Microsoftアカウントの作成」が開き、マイクロソフトのWebメールのアカウントを新規作成する。「姓」「名」は半角アルファベットでの入力がお勧め。ドメイン名は3種類から選べる

図4 画面の指示に沿って必要項目を入力、最後に登録した本人確昭手段を選んで再入力(左)。その連絡先に送信された確認コードを入力する

図4 画面の指示に沿って必要項目を入力、最後に登録した本人確昭手段を選んで再入力(左)。その連絡先に送信された確認コードを入力する

 

Windows 7までは、パソコンを使い始めるときに[ユーザーアカウント]でログオンしていた。 Win(owsS以m.は「ログオン」が「サインイン」になり、「Microsoftアカウント」の利用が推奨されている(図1)。マイクロソフトのWebサービスと連携しやすくなるからだ。
アカウントを新規作成

新しいWindows 8.1パソコンを使い始めるときは、「Microsoftアカウントヘのサインイン」が求められる。既に使っているMicrosoftアカウントがあれば、それを人力することでセットアップが尖行される。
ない場合は、画而下部の[新しいアカウントを作る|を抑し(図2)、「Microsc ftアカウントの作成」画面を開く。新規作成するMien S( ftアカウントは、マイクロソフトのWebメールのアドレスにしておこう。国内の場合、ドメイン名は「outlook.jp」[outlook.cotn][hotmail.com]の3種類から選べる(図3)。
両而の指示に沿って必要項日を入力し、電話やメールなどの本人確認手段も登録する。最後に本人確認手段を再人力し、その連絡先に送信された確認コードを人力する(図4)。
MicrosoftアカウントはWebサービスのアカウントでもあり、Webページからの取得も可能だ。[Microsoftアカウント]などでWeb検索すればW用ページが見つかる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です