OneDriveのファイルをほかの人と一緒に使う

保存したファイルを共有
保存したファイルをほかの人と一緒に閲覧したり利用したりするには、OncDriveの「共有」機能を使う。

OneDriveアブリでは、一絣に利用したいフォルダーやファイルを選択し、アブリバーの「共有」ボタンを押す。その上で「リンクの取得」または[ユーザーの招待]を選ぶ(図9)。なお、公開方法としては、閲覧やダウンロードだけができる「表示のみ」、ファイルの修正やアップロード、削除ができる「編集」、指定した相手以外でも検索で見つけられる「公開」の3通i)がある。

相手のメールアドレスが分からない場合は「リンクの取得」を選ぼう(図10)。 こちらだと、ブログやTwitterなど、利用者を限定しない閲覧にも使える。

公開方法を選択して「リンクの作成」ボタンを押す。これで共有用のURLがクリップボードにコピーされる(図11)。後はそのURLを相手に伝えればよい。続けて「共有」ボタンを押すと「共有」チャームが表示
され、メールやSNSでのメッセージを作成できる。
一方、「ユーザーの招待」は、相手のメールアドレスが分かっている場合に使う。メールアドレスとメッセージを人力して[送信]ボタンを押す(図12)。これで共有するための“招待メール”が送信される。送信相手のメ
ールアドレスは、Microsoftアカウントでなくてもよい。windows 8.1
共有中のファイルやフォルダーは、ストアアブリやエクスプローラーで確認できる(図13)。なお、共有目的で自分のMicrosoftアカウントとパスワードを教えてはいけない。

OneDriveのファイルをほかの人と一緒に使う

図9 OneDriveにあるフォルダーを選択し、アフリバーの「共有」ボタンを押すと、「リンクの取得」と「ユーザーの招待」を選択できる

図9 OneDriveにあるフォルダーを選択し、アフリバーの「共有」ボタンを押すと、「リンクの取得」と「ユーザーの招待」を選択できる

図10「リンクの取得」を選ぶとこの画面になる。「表示のみ」の部分を押すと、ほかに「編集」や「公開」を選択できる。選択したら「リンクの作成」ボタンを押す

図10「リンクの取得」を選ぶとこの画面になる。「表示のみ」の部分を押すと、ほかに「編集」や「公開」を選択できる。選択したら「リンクの作成」ボタンを押す

図11 共有用のリンクがクリップボードにコピーされた。続けて「共有」ボタンを押すと「共有」チャームが表示され、メールの作成やSNSでのメッセージ作成ができる

図11 共有用のリンクがクリップボードにコピーされた。続けて「共有」ボタンを押すと「共有」チャームが表示され、メールの作成やSNSでのメッセージ作成ができる

図12 図9で「ユーザーの招待」を選ぶとこの画面になる。共有したい相手のメールアドレスを指定してメッセージを入力し、「送信」ボタンを押すとメールが送faされる

図12 図9で「ユーザーの招待」を選ぶとこの画面になる。共有したい相手のメールアドレスを指定してメッセージを入力し、「送信」ボタンを押すとメールが送faされる

 図13 ファイルやフォルダーを共有中の場合は画面で確昭できる


図13 ファイルやフォルダーを共有中の場合は画面で確昭できる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です