Outlook Web Appポリシーを設定する

Outlook Web Appポリシーを設定する

Outlook Web Appのファイルや機能へのアクセスを制御するためのメールボックスポリシーを複数用意しておくことで、ユーザーごとのメールボックスへ適用することができます。

標準のOutlook Web Appポリシーを確認する

Exchange Onlineでは、標準のOutlook Web Appポリシー「OwaMailboxPolicy-Default」が自動的に作成され、ユーザーのメールボックスに適用されています。 標準のOutlook Web Appポリシーでは、すべての機能が有効になっています。まずは、どのようなオプションカ唱:定できるの力ヽ確認してみましょう。

標準のOutlook Web Appポリシーを確認する

Outlook Web Appポリシーの設定一覧

Outlook Web Appポリシーの設定一覧 Outlook Web Appポリシーの設定一覧

Outlook Web Appポリシーを作成する

何種類かのOutlook Web Appポリシーを川意しておくと、たとえば従業八の役割などに応じて利用できる機能を限定するなど、ユーザー管理をしやすくなります。ここでは、新しいポリシーを作成する方法について説明します。

Outlook Web Appポリシーを作成する

Outlook Web Appポリシーを適用する

ユーザーのメールボックスに対して、Outlook Web Appポリシーを1つ割り当てます。ここでは、Outlook Web Appポリシーの適用方法について説明します。

Outlook Web Appポリシーを適用する

ユーザーのメールボックスに対して、Outlook Web Appポリシーを1つ割り当てます。ここでは、Outlook Web Appポリシーの適用方法について説明します。

Outlook Web Appポリシーを適用するOutlook Web Appポリシーを適用する

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です