Windows 10 総点検!!(1)

[Windows 8.1]の次にマイクロソフトが提供するのは、どのようなOSなのか—-。 OS次第でパソコンの使い勝手が大きく変わることを考えると、ユーザーとしてはとても気になるところだ。
米マイクロソフトは2014年9月30日、次期パソコンOS[Windows 10]、2015年に提供すると発表した。 2014年10月1日には[Windows Technical Preview]いうテクニカルプレビュー版を無料公開。約2週間で100万以上のユーザーがダウンロードしたという。
テクニカルプレビュー版には、将来Windows 10搭載されるであろう新機能の一部しか実装されていない。あくまで開発途中のプレビューであり、今後正式版になるまで機能迫加や機能改善が尖施される(図1)。ただ現時点の機能をつぶさに見ていくと、WindowsOが「同8.1」から大きく変貌しようとしている方向性がうかがえる。

正式版は2015年に提供される予定

図1 次のWindowsである「Windows 10」の今後。新機能の追加や、プレビュー版を使ったユーザーによるフィートバックの反映などを経て、2015年に正式版となる予定だ

図1 次のWindowsである「Windows 10」の今後。新機能の追加や、プレビュー版を使ったユーザーによるフィートバックの反映などを経て、2015年に正式版となる予定だ

パソコンとタブレットの間で揺れ勤くWindows

図2 タッチ操作が可能なタブレットにも対応するため、Windows 8で新しいユーザーインタフェースを導入したが、不評だった。Windows 10では、デスクトップの操作性と、タッチ操作での使いやすさを両立させる

図2 タッチ操作が可能なタブレットにも対応するため、Windows 8で新しいユーザーインタフェースを導入したが、不評だった。Windows 10では、デスクトップの操作性と、タッチ操作での使いやすさを両立させる

Windows 7:

・従来からのWindows OSの ユーザーインタフェース(UI)を踏襲
・基本的にハソコンての利用を想定

Windows 8/8.1

・タプレットての利用を想定した新デザインのUIを追加し、スタートメニューを廃止
・8.1で起動時にデスクトップ画面を表示できるよう軌道修正

Windows 10

・スタートメニューを便えるようにした
・タブレントとして便う場合にモードを切り瞥える機能を搭載

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です