windows 7の最終奥義

Windows 8.1には慣れない。だから、Windows 7を使い続けたいーー。そんな人に贈るのがこのパートだ。“真のWindows 7後継OS”が現れるまで、Windows 7を徹底的に使い倒す。そのテクニックを紹介しよう。

2020年は束京五輪が開催される。実はこの年は、パソコンユーザーにとっても大きな節目。パソコンOSとして広く普及したWindows 7のサポートが、この2020年の1月14日(米国時間)に終了するからだ。つまりWin(ows 7は2020年まで使える。
Windows 7は、発売から5年たっても根強い人気がある。ジャストシステムの調査によれば、2014年5月期におけるパソコン向けOSのシェアは、\位がWindows 7で60.9 %。最新OSであるWindows 8.1は21.2%の2位だった。

機能や性能は十分

人気の理由は、機能や性能で最新のWindows 8.1パソコンと遜色ないからだ。 WindoWvS 7とWindows 8.1の機能を比較してみよう(図1)。最新版のWindows 8.1が優位な点は、起勁の速さやグラウトサービスの対応など。一方Windows 7は、スタートメニューに代表される伝統的なユーザーインタフェースを採用した点が、ユーザーから支持を集めている。 DVD再生機能などWindows8/8.1で廃止された機能もある。
パソコン本体の性能差も大きくない。図2は、約4年前に標準的な仕様だったWindows 7パソコンと、2014年5月発売のWindows 8.1パソコンを比較したもの。大きな違いは、メモリー容量や無線LANの規格くらい。 Officeソフトの利用などの一般的な用途であれば、Windows 7パソコンで困ることはない。

Windows 7の方が評価が高い点もある

図I Windows 7と8.1の主な遣い。8.1ならではの優nた機能は多いが、Windows 7にも魅力的 な点は多い

図I Windows 7と8.1の主な遣い。8.1ならではの優nた機能は多いが、Windows 7にも魅力的
な点は多い

ハードウェアの違いは大きくない

図2 Windows 7 m載パソコンが主流だった4年前と、NECのスタンダードノート上位モデルのス ペックを比較した。標準のメモリー容皿やHDDの容量など、差は確かにある。ただ、高い性能を求め ない用途なら問題ないレベルだ

図2 Windows 7 m載パソコンが主流だった4年前と、NECのスタンダードノート上位モデルのス
ペックを比較した。標準のメモリー容皿やHDDの容量など、差は確かにある。ただ、高い性能を求め
ない用途なら問題ないレベルだ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です